メイン コンテンツをスキップする

Azure Storage Blobのコンポーネント

tAzureFSConfiguration Sparkが特定のAzureファイルシステムに接続するための認証情報を提供します。
tAzureStorageConnection 認証とプロトコル情報を使って、Microsoft Azure Storageシステムへの接続を作成します。この接続は、他のAzure Storageのコンポーネントで再利用できます。
tAzureStorageContainerCreate 指定されたAzure StorageアカウントのAzure blob(Binary Large Object)を保持するために使用される新しいストレージコンテナーを作成します。
tAzureStorageContainerDelete 特定のストレージアカウントのスペースからの特定のblobコンテナーの削除を自動化します。
tAzureStorageContainerExist 特定のblobコンテナーがストレージアカウント内に存在するかどうかの検証を自動化します。
tAzureStorageContainerList 特定のAzure Storageアカウント内のすべてのコンテナーをリスト表示します。
tAzureStorageDelete 指定されたblobフィルターに従って、Azure Storageアカウントの指定されたコンテナーからblobを削除します。
tAzureStorageGet blobの仮想階層に適用された指定のフィルターに従って、Azure Storageアカウントの特定のコンテナーからblobを取得し、選択したblobをローカルフォルダーに書き込みます。
tAzureStorageList 指定されたblobフィルターに従って、指定されたコンテナー内のblobをリスト表示します。
tAzureStoragePut Azure Storageアカウントの特定のコンテナーにローカルファイルをアップロードします。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。