メイン コンテンツをスキップする

Change Data Captureのコンポーネント

tAS400CDC データの抽出と転送のニーズに対応します。
tDB2CDC ソース運用データに対して行われた変更を抽出し、データベースCDCビューを使って、ターゲットシステムで使えるようにします。
tInformixCDC 前回の抽出以降に変更されたソースシステムからデータを抽出し、別のシステムに転送します。
tIngresCDC (非推奨) 前回の抽出以降に変更されたソースシステムデータを抽出し、別のシステムに転送します。
tMSSQLCDC ソース運用データに加えられた変更を抽出し、データベースCDCビューを使ってターゲットシステムで利用できるようにします。
tMysqlCDC ソース運用データに加えられた変更のみを抽出し、データベースCDCビューを使用してターゲットシステムで利用できるようにします。
tOracleCDC 前回の抽出以降に変更されたソースシステムデータを抽出し、別のシステムに転送します。
tOracleCDCOutput Oracle XStream CDCモードでデータの変更を同期します。
tPostgresqlCDC データの抽出と転送のニーズに対応し、ソース運用データに対して行われた変更のみを抽出し、データベースCDCビューを使って、ターゲットシステムで利用できるようにします。
tSybaseCDC 前回の抽出以降に変更されたソースシステムデータを抽出し、別のシステムに転送します。
tTeradataCDC 前回の抽出以降に変更されたソースシステムデータを抽出し、CDCトリガーモードを使用して別のシステムに転送します。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。