メイン コンテンツをスキップする

Delta Lakeのコンポーネント

tDeltaLakeClose アクティブなDeltaLake接続を閉じて、占有されているリソースを解放します。
tDeltaLakeConnection 後続のサブジョブで再利用できる、指定したデータベースへの接続を開きます。
tDeltaLakeInput Data LakeシステムのDelta Lakeレイヤーから最新バージョンまたは特定のレコードのスナップショットを抽出し、データを次のコンポーネントに送信してさらに処理します。
tDeltaLakeOutput データレイクシステムのDeltaLakeレイヤーにParquet形式でレコードを書き込みます。
tDeltaLakeRow SQLBuilderツールを使って実際のDB ストラクチャーまたはデータに働きかけ(ただし、データ処理は行いません)、SQLステートメントを簡単に書くことができます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。