メイン コンテンツをスキップする

GSのコンポーネント

tGoogleCloudConfiguration Sparkジョブ用のGoogle Cloud Platformへの接続設定を提供します。
tGSBucketCreate データを整理し、Google Cloud Storage内のデータへのアクセスを制御するために使える新しいバケットを作成します。
tGSBucketDelete Google Cloud Storage内の空のバケットを削除して、占有されているリソースを解放します。
tGSBucketExist さらに操作を行うために、Google Cloud Storage内のバケットの存在を確認します。
tGSBucketList Google Cloud Storageのすべてのプロジェクトまたは特定の1つのプロジェクトからバケットのリストを取得します。
tGSClose 占有されているリソースを解放するためにGoogle Cloud Storageへのアクティブな接続を閉じます。
tGSConfiguration Sparkジョブ用のGoogle Cloud Storageへの接続設定を提供します。
tGSConnection Google Cloud Storageシステムにリクエストを行うための認証情報を提供し、Google Cloud Storageへの接続の再利用を可能にします。
tGSCopy Google Cloud Storageのバケット内またはバケット間でオブジェクトをコピーまたは移動します。
tGSDelete Google Cloud Storageの指定された条件に一致するオブジェクトを削除して、占有されているリソースを解放します。
tGSGet Google Cloud Storageから指定された条件に一致するオブジェクトを取得し、ローカルディレクトリーに出力します。
tGSList Google Cloud Storageからオブジェクトのリストを1つずつ取得します。
tGSPut ファイルをGoogle Cloud Storageで管理できるように、ローカルディレクトリーからGoogle Cloud Storageにファイルをアップロードします。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。