メイン コンテンツをスキップする

Informixのコンポーネント

tInformixBulkExec Informixデータベースで挿入操作を実行します。
tInformixClose Informixデータベースへの接続を閉じます。
tInformixCommit すべての行または行のバッチを個別にコミットするのではなく、グローバルコミットを1回だけ行います。
tInformixConnection 後続のサブジョブで再利用できる、指定したデータベースへの接続を開きます。
tInformixInput データベースを読み取り、クエリーに基づいてフィールドを抽出します。
tInformixOutput ジョブ内の先行するコンポーネントからのフローをベースに、テーブルで、またはテーブルに含まれているデータで定義されているアクションを実行します。
tInformixOutputBulk INSERTクエリーのパラメーターとして使うファイルを準備し、Informixデータベースへのフィードに使用します。
tInformixOutputBulkExec 提供されたデータを使用して、Informixデータベースで挿入操作を実行します。
tInformixRollback 接続されたデータベースのトランザクションをキャンセルすることにより、不本意なトランザクションのコミットを防ぎます。
tInformixRow SQLステートメントを簡単に書くことができるSQLBuilderツールを使って、実際のDB 構造またはデータに働きかけます(ただし、データ処理は行いません)。
tInformixSP データベース内の複数の複雑なクエリーを一元化して呼び出します。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。