メイン コンテンツをスキップする

Ingresのコンポーネント

tIngresBulkExec (非推奨) パフォーマンスを向上させるために、データをIngres DBMSのテーブルに一括で挿入します。
tIngresClose (非推奨) 接続されたデータベースでコミットされたトランザクションをクローズします。
tIngresCommit (非推奨) すべての行またはバッチごとに実行するのではなく、一意の接続を使い、1つのグローバルトランザクションで一度にコミットするため、パフォーマンスが向上します。
tIngresConnection (非推奨) 後続のサブジョブで再利用できる、指定したデータベースへの接続を開きます。
tIngresInput (非推奨) Ingresデータベースを読み込み、クエリーに基づいてフィールドを抽出します。
tIngresOutput (非推奨) ジョブ内の先行するコンポーネントからのフローをベースに、テーブルで、またはテーブルに含まれているデータで定義されているアクションを実行します。
tIngresOutputBulk (非推奨) パフォーマンスを向上させるために、データがIngres DBMSにバルクで挿入されるファイルのプレパレーションを行います。
tIngresOutputBulkExec (非推奨) パフォーマンスを向上させるために、データをIngres DBMSのテーブルに一括で挿入します。
tIngresRollback (非推奨) 接続されたデータベースでコミットされたトランザクションをキャンセルすることで、トランザクションの一部が意図せずにコミットしないようにします。
tIngresRow (非推奨) SQLBuilderツールを使って実際のDB ストラクチャーまたはデータに働きかけ(ただし、データ処理は行いません)、SQLステートメントを簡単に書くことができます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。