メイン コンテンツをスキップする

MarkLogicのコンポーネント

tMarkLogicBulkLoad MarkLogic Content Pump (MLCP)ツールを使って、ローカルファイルを一括モードでMarkLogicサーバーデータベースにインポートします。
tMarkLogicClose MarkLogicデータベースへのアクティブな接続を閉じて、占有されているリソースを解放します。
tMarkLogicConnection MarkLogicデータベースへの接続を開きます。これは他のMarkLogicのコンポーネントで再利用できます。
tMarkLogicInput 文字列クエリーに基づいて、MarkLogicデータベースのドキュメントコンテンツを検索します。
tMarkLogicOutput MarkLogicデータベースのドキュメントコンテンツを作成、アップデート、または削除します。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。