メイン コンテンツをスキップする

MSSqlのコンポーネント

tMSSqlBulkExec Microsoft SQL Serverデータベースに挿入操作を実行する際にパフォーマンスを向上させます。
tMSSqlClose MSSqlデータベースのトランザクションを閉じます。
tMSSqlColumnList 指定されたMSSqlテーブルのすべてのカラム名をリスト表示します。
tMSSqlCommit すべての行またはバッチごとに実行するのではなく、一意の接続を使い、1つのグローバルトランザクションで一度にコミットするため、パフォーマンスが向上します。
tMSSqlConnection 後続のサブジョブで再利用できる、指定したデータベースへの接続を開きます。
tMSSqlInput 定義された順序でDBクエリーを実行します。これはスキーマ定義に完全に対応している必要があります。
tMSSqlLastInsertId ユーザーがMSSqlテーブルに追加した最後のプライマリキーを取得します。
tMSSqlOutput ジョブ内の先行するコンポーネントからのフローをベースに、テーブルで、またはテーブルに含まれているデータで定義されているアクションを実行します。
tMSSqlOutputBulk INSERTクエリーのパラメーターとして使うファイルを準備し、MSSqlデータベースにフィードします。
tMSSqlOutputBulkExec Microsoft SQLServerデータベースへの挿入操作中のパフォーマンスの向上。
tMSSqlRollback MSSqlデータベースのトランザクションコミットをキャンセルし、トランザクションの一部を意図せずにコミットされることを防ぎます。
tMSSqlRow 実際のDB構造やデータに働きかけます(ただし、データは処理されません)。
tMSSqlSP 複数のクエリーや複雑なクエリーをデータベースで一元的に管理し、簡単に呼び出す便利な方法が提供されています。
tMSSqlTableList Where句をベースとするselectステートメントを使用して、MSSqlテーブルの特定のセットの名前をリスト表示します。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。