メイン コンテンツをスキップする

Paloコンポーネント

tPaloCheckElements (非推奨) 特定のキューブに存在する受信データフローにエレメントがあるかどうかを確認します。
tPaloClose (非推奨) Paloサーバーへのアクティブな接続を閉じます。
tPaloConnection (非推奨) Paloサーバーへの接続を開き、プロセスに関与する他のコンポーネントがプロセスの期間中、接続を共有できるようにします。
tPaloCube (非推奨) 指定されたPaloキューブに対して操作を実行します。
tPaloCubeList (非推奨) 指定されたPaloデータベースからキューブの詳細リストを取得します。
tPaloDatabase (非推奨) Paloサーバー内のデータベースを管理します。
tPaloDatabaseList (非推奨) 特定のPaloサーバーからのデータベース名、データベースの種類、キューブの数、ディメンションの数、データベースのステータス、データベースIDをリスト表示します。
tPaloDimension (非推奨) データベース内のエレメントも含め、Paloディメンションを管理します。
tPaloDimensionList (非推奨) 指定されたPaloデータベースからディメンションの詳細リストを取得します。
tPaloInputMulti (非推奨) キューブからエレメントレコードと組み合わせて、保管または計算された値を取得します。
tPaloOutput (非推奨) 入力ストリームを受け取り、それを特定のPaloキューブに書き込みます。
tPaloOutputMulti (非推奨) 入力ストリームを受け取り、それを特定のPaloキューブに書き込みます。
tPaloRule (非推奨) 指定されたキューブのルールを管理します。
tPaloRuleList (非推奨) 特定のキューブのすべてのルール、式、コメント、アクティブ化ステータス、外部IDをリスト表示します。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。