メイン コンテンツをスキップする

Snowflakeのコンポーネント

tSnowflakeBulkExec フォルダ内のファイルからSnowflakeテーブルにデータをロードします。フォルダーは、内部Snowflakeステージ、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)バケット、またはAzureコンテナーに配置できます。
tSnowflakeClose アクティブなSnowflake接続を閉じて、占有されているリソースを解放します。
tSnowflakeCommit パフォーマンスが向上します。
tSnowflakeConfiguration Apache Spark Batchフレームワークの他のSnowflakのコンポーネントで再利用される接続情報と認証情報を保管します。
tSnowflakeConnection 他のSnowflakeのコンポーネントで再利用できる Snowflakeへの接続を開きます。
tSnowflakeInput SQLクエリに基づいて、Snowflakeテーブルからジョブのデータフローにデータを読み取ります。
tSnowflakeOutput 前のコンポーネントから受信したデータを使用して、スノーフレークテーブルのデータを挿入、アップデート、アップサート、削除します。
tSnowflakeOutputBulk フォルダーに生成されたファイルに受信データを書き込みます。フォルダーは、内部Snowflakeステージ、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)バケット、またはAzureコンテナーに配置できます。
tSnowflakeOutputBulkExec フォルダに生成されたファイルに受信データを書き込み、そのデータをSnowflakeデータベーステーブルにロードします。フォルダーは、内部Snowflakeステージ、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)バケット、またはAzureコンテナーに配置できます。
tSnowflakeRollback Snowflakeデータベースのトランザクションのコミットをキャンセルして、トランザクションの一部が意図せずにコミットされることを防ぎます。
tSnowflakeRow 指定したSnowflakeデータベースに対して記述されたSQLコマンドを実行します。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。