メイン コンテンツをスキップする

XMLのコンポーネント

tEDIFACTtoXML EDIFACTメッセージファイルをXML形式に変換して、ユーザーが読みやすいようにし、処理ツールとの互換性を高めます。
tExtractXMLField XMLストラクチャー化データをXMLフィールドから読み取り、スキーマで定義されているデータを次のコンポーネントに送信します。
tFileStreamInputXML ストラクチャー化XMLファイルを開き、行ごとに読み取ってデータをフィールドに分割して、分割されたフィールドをスキーマでの定義に従って次のコンポーネントに送ります。
tWriteXMLField 入力XMLファイルを読み取り、構造を抽出してそれを出力XMLファイルの定義済みフィールドに挿入します。
tXSLT データストラクチャーを別のストラクチャーに変換するのに役立ちます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。