メイン コンテンツをスキップする

Logs and errorsコンポーネント

cErrorHandler メッセージルーティングのエラーを処理します。
cIntercept 各メッセージサブルートをインターセプトし、元のサブルートを変更せずにそれを別のサブルートにリダイレクトします。この迂回が完了すると、元々意図されていたターゲットエンドポイントへのメッセージルーティングが続行されます。これは、テスト時にエラー処理をシミュレートするのに役立ちます。
cLog ルートでメッセージ交換を記録します。
cOnException 定義された例外をキャッチし、これらの例外とメッセージルーティングに対して実行される特定のアクションをトリガーします。
cTry Try/Catch/Finallyブロックをビルドし、 エラーを生成する可能性が高いルートの部分を分離し、エラーをキャッチし、エラーに関係なく最終的な命令を実行することにより、Javaと同等の例外処理機能を提供します。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。