メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

システムSQLテンプレートへのアクセス

システムSQLテンプレートにアクセスするには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[SQL templates] (SQLテンプレート)ノードを展開します。

[Repository] (リポジトリー)ツリービュー。

各フォルダーには、事前定義されたSQLステートメントを含むsystem (システム)サブフォルダーと、作成またはカスタマイズされたSQLステートメントを保存できるUserDefined (ユーザー定義)フォルダーが含まれます。

各systemフォルダーには、それぞれ専用タスクを達成するために設計された複数のタイプのSQLテンプレートが含まれています。

[Generic] (全般)フォルダーは別として、SQLテンプレートはそれが使用されるデータベースのタイプに従って異なるフォルダーにグルーピングされます。[Generic] (全般) フォルダー内のテンプレートは標準で、あらゆるデータベースで使用できます。これらは、Talend Studioで定義されているテンプレートよりも、さらに固有なSQLテンプレートを開発するためのベースとして使用できます。

情報メモ注: system (システム)フォルダーとそれらのコンテンツは読み取り専用です。

[Repository] (リポジトリー)ツリービューから、次のように実行してSQLテンプレートを開きます:

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[SQL Templates] (SQLテンプレート)を展開し、開くテンプレートを参照します。
  2. 開くクラス、たとえば、[Generic] (全般)フォルダー内のAggregateをダブルクリックします。
    Aggregateテンプレートビューがワークスペースに表示されます。
    [集計]テンプレートビュー。

タスクの結果

テンプレートビューに、事前定義済みのAggregateステートメントが表示されます。TABLE_NAME_TARGET[operation] (操作)、などのパラメーターは、関連するジョブを設計する時に定義されます。その後、前出のセクションで説明したとおり、パラメーターを関連付けられたコンポーネントに容易に設定できます。

SQLテンプレートをクリックまたは開くたびに、対応するプロパティビューがTalend Studioの下部に表示されます。たとえば、Aggregateテンプレートをクリックすると、以下に示すようにプロパティが表示されます。

テンプレートの[メイン]設定。

さまざまなタイプのSQLテンプレートの詳細は、システムSQLテンプレートのタイプ (英語のみ)をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。