メイン コンテンツをスキップする

離散データの分析

この分析では、数値データを分析できます。この分析で作成するカラム分析では、数値データに適したインジケーターがデフォルトでカラムに割り当てられています。

離散データは特定の値のみ取ることができますが、値の数に制限はありません。連続データは離散データの反対で、定義済みの個別値に限定されず、連続する範囲にまたがる任意の値を取ることができます。

この分析では[Bin Frequency] (Bin頻度)インジケーターを使用しますが、必要に応じて連続データを離散Bin (範囲)に変換するためには、このインジケーターをさらに設定する必要があります。

始める前に:Talend StudioProfilingパースペクティブでデータベース接続が少なくとも1つ設定されていること。詳細は、データベースに接続 (英語のみ)をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。