メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

一致分析を設定

手順

  1. [Limit] (制限)フィールドで、データサンプルとして使用したいデータレコードの数を設定します。
    [Match Analysis] (一致分析)ビューのスクリーンショット。
  2. オプション: テーブルでカラム名をクリックし、サンプルデータを昇順または降順にソートします。
  3. 一致分析エディターでオプションを設定します。
    オプション 目的
    [Show in Data Quality repository] (Data Qualityリポジトリーに表示)アイコン 選択されたテーブルを、ツリービューの[Metadata] (メタデータ)ノードの下に配置します。
    [New Connection] (新規接続) 一致分析エディター内からデータベースやファイルへの接続を作成します。作成した接続をこのエディターで展開し、一致させるカラムを選択できます。

    データソースへの接続を作成する方法は、データソースへの接続を作成 (英語のみ)をご覧ください。

    [Select Data] (データを選択) テーブルにリスト表示されているカラムの選択をアップデートします。

    分析用のデータセットを変更すると、サンプルデータの一致結果に表示されるチャートは自動的にクリアされます。定義した新しいデータの一致結果を計算する場合は、[Chart] (チャート)をクリックする必要があります。

    [Refresh Data] (データを更新) テーブルにリスト表示されているカラムのビューを更新します。
    [n first rows] (最初のn行)

    または

    [n random rows] (ランダムなn行)

    選択したカラムから最初のNデータレコードをテーブルにリスト、または選択したカラムからランダムなNレコードをリスト表示します。
    ブロッキングキーを選択 ブロックで処理されたデータのパーティショニング先に基づいて、入力フローからカラムを定義します。

    詳細は、マッチングルールを定義 (英語のみ)をご覧ください。

    [Select Matching Key] (マッチングキーを選択) 一致アルゴリズムを適用する入力フローから、マッチングルールとカラムを定義します。

    詳細は、マッチングルールを定義 (英語のみ)をご覧ください。

    [Store on disk] (ディスクに保存) システムパフォーマンスを最大化できるよう、処理されたデータブロックをディスクに保管します。

    [Max buffer size] (最大バッファーサイズ): 処理されたデータに割り当てる物理メモリのサイズを入力します。

    [Temporary data directory path] (一時データのディレクトリーパス): 一時ファイルを保管するディレクトリーへのパスを設定します。

    [Allow drill down] (ドリルダウンを許可): 選択すると、[Analysis Results] (分析結果)タブの[View rows] (行を表示)機能が有効化されます。重複行のリストや同じサイズのグループのリストを表示させます。詳細は、分析されたデータを表示およびエクスポート (英語のみ)をご覧ください。

タスクの結果

[Data Preview] (データプレビュー)テーブルには、一致データの結果を表示するカラムが追加されます。
  • GID: グループ識別子を表します。
  • GRP_SIZE: グループ内のレコード数をカウントします。マスターレコードでのみ計算されます。
  • MASTER: マッチング比較で使用されるレコードがマスターレコードかどうか、trueまたはfalseで識別します。マスターレコードは各グループに1つのみです。

    入力レコードはそれぞれマスターレコードと比較され、マッチングした入力レコードはグループに含められます。

  • SCORE: 使用される一致アルゴリズムに基づいて、入力レコードとマスターレコード間の距離を測定します。
  • GRP_QUALITY: グループの最小値である品質スコアを持っているのはマスターレコードのみです。
  • ATTRIBUTE_SCORE: 一致するスコアと適用されたルールでキー属性として使用されるカラムの名前がリスト表示されます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。