メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

Beanを作成

手順

  1. Integrationパースペクティブの[Reposirory] (リポジトリー)で、Codeフォルダーを展開します。
  2. Global Beansノードを右クリックします。
  3. コンテキストメニューから[Create Bean] (Beanを作成)を選択します。
    [Beanを作成]オプション。
    [New Bean] (新規Bean)ウィザードが開き、新しいBeanのメインプロパティの定義を行うことができます。
    [新規Bean]ウィザード。
  4. Beanプロパティを入力します:
    フィールド 説明
    [Name] (名前) 新しいBeanの名前。禁止文字を入力すると、メッセージが表示されます。
    [Purpose] (目的) Beanの目的、またはBeanの使用に関する有用な情報を入力します。
    説明 Beanの説明。
    [Author] (作成者) デフォルトで現在のユーザーログインを表示する、読み取り専用のフィールドです。
    [Locker] (ロック保持者) 読み取り専用のフィールド。デフォルトでは、現在のBeanのロックを保持するユーザーのログインを示します。このフィールドはBean作成時は空で、既存のBeanのプロパティの編集時にのみデータが存在します。
    [Version] (バージョン) 読み取り専用のフィールドです。[M]および[m]ボタンを使用して、手動でバージョンを高くできます。詳細は、ジョブやルートのバージョンを管理 (英語のみ)をご覧ください。
    [Status] (ステータス) 作成しているBeanのステータスを選択するリスト。
    [Path] (パス) Beanが作成されるフォルダーを選択するリスト。
  5. [Finish] (終了)をクリックしてBeanを作成します。Beanの例がデザインワークスペースのエディターで開きます。
    エディターでのBeanの例。
  6. Beanのコードを入力します。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。