メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

組み込みJRXMLテンプレートをインポート

テンプレートを最初から作成する代わりに、プラットフォームで事前定義されているすべてのデフォルトのJRXMLファイルをTalend Studioにインポートできます。

始める前に

Profilingパースペクティブを選択済みであること。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー) ツリービューで、[Libraries] (ライブラリー)を展開します。
  2. [JRXML Template] (JRXMLテンプレート)を右クリックして[Import Built-in JRXML] (組み込みJRXMLのインポート)を選択します。
    JRXML Templateノードのコンテキストメニュー。

タスクの結果

組み込みテンプレートは[JRXML Template] (JRXMLテンプレート)の下のいくつかのフォルダーに表示されます。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。