メイン コンテンツをスキップする

MDMリポジトリーの作業

Availability-note非推奨

MDMリポジトリーを使用すると、データモデル、ジョブ、プロセス、およびストアドプロシージャーを含む項目を、MDMサーバーデータベースとは別のリポジトリーで作業できます。

MDMリポジトリーはローカルに保存することも、リモートサーバーに保存することもできます。リポジトリーがリモートサーバーに保存されていれば、多くのユーザー間で共有できます。

MDMリポジトリー内の項目に変更を加えた場合、変更が実行時に有効になるためには、それらの項目をMDMサーバーにデプロイする必要があります。

MDMサーバーへの接続を設定するための詳細は、MDMサーバーへの接続を作成 (英語のみ)をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。