メイン コンテンツをスキップする

Excelファイルメタデータを一元管理

特定のExcelスプレッドシートファイルでデータの読み取りや書き込みを頻繁に行う必要がある場合、[Repository] (リポジトリー)にファイルの接続とデータストラクチャーを一元化することで、簡単に再利用できます。これにより、ファイルを使用するたびに関連コンポーネントにメタデータの詳細を手動で定義する必要がなくなり、労力を節約できます。

既存のExcelファイルまたはジョブに定義したExcelファイルプロパティ設定からExcelファイル接続を一元化できます。

ExcelファイルからExcelファイル接続とそのスキーマを一元化するには、まず[Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開します。次に[File Excel] (Excelフファイル) を右クリックして、コンテキストメニューから[Create file Excel] (Excelファイルの作成)を選択し、ファイルメタデータセットアップウィザードを開きます。

ジョブで定義済みであるファイル接続とスキーマを一元管理する場合は、該当するコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビュー([Property Type] (プロパティタイプ)[Built-in] (組み込み)に設定した状態)で[Save the property to Metadata] (プロパティをメタデータに保存)をクリックし、ファイルメタデータセットアップウィザードを開きます。

ウィザードに従って以下のタスクを1つずつ完了します。

これで、ファイル接続または任意のスキーマを[Repository] (リポジトリー)ツリービューでドラッグして、新しいコンポーネントとしてデザインワークスペースにドロップするか、既存のコンポーネントにドロップしてメタデータを再利用できます。ジョブで集中メタデータを使用する方法の詳細は、一元管理されたメタデータをジョブで使用およびジョブにリポジトリースキーマを設定をご覧ください。

既存のファイル接続を変更するには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで接続を右クリックし、[Edit file Excel] (Excelファイルの編集)を選択して、ファイルメタデータセットアップウィザードを開きます。

既存のファイル接続に新規スキーマを追加するには、[Repository] (リポジトリー)ツリービューで接続を右クリックし、コンテキストメニューから[Retrieve Schema] (スキーマ情報を取得)を選択します。

既存のファイルスキーマを編集するには、[Repository] (リポジトリー) ツリービューでスキーマを右クリックし、コンテキストメニューから[Edit Schema] (スキーマを編集)を選択します。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。