メイン コンテンツをスキップする

WSDLファイルで新しいタイプを作成

タイプは、クライアントとサーバーとの間で使用されるすべてのデータ型を記述します。WSDLは特定のタイプシステムと排他的に結び付くことはありませんが、デフォルトの選択としてW3C XML Schemaの仕様を使用します。

WSDLでは、拡張性エレメントによりタイプシステムを追加できます。拡張性エレメントは、タイプエレメントの下に表示され、使用されているタイプ定義システムを特定し、タイプを定義するためのXMLコンテナーエレメントを提供します。

XSDタイプまたはエレメントをWSDLファイルに追加するには、デザインワークスペースでポートタイプオブジェクトの右にある矢印アイコンをクリックします。

デザインワークスペースでのWSDLファイル。

XMLスキーマエディターが開きます。

[XMLスキーマ]エディター。

XMLスキーマの詳細は、Eclipseのドキュメンテーション (英語のみ)をご覧ください。

情報メモ注: サービスエレメントの変更は、自動的にバインドにプロパゲートされません。バインドの内容を再生成して、バインドウィザードで[Overwrite existing binding information] (既存のバインド情報を上書きする)チェックボックスをオンにして、WSDLで変更を反映させる必要があります。詳細は、バインドを設定をご覧ください。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。