メイン コンテンツをスキップする 補完的コンテンツへスキップ

標準GitストレージモードでGPGによってコミットとタグに署名

Talend Studioは、Git署名検証を有効にし、標準のGitストレージモードでGPGを使ってコミットとタグに署名することをサポートしています。

始める前に

  • Talend Studioで、標準Gitストレージモードが有効になっていること。詳細は、標準Gitストレージモードを有効化をご覧ください。
  • Git署名検証用にGPGキーが生成されていること。詳細は、Generating a new GPG key (英語のみ)をご覧ください。
    情報メモヒント: 新しいGPGキーの生成で使うパスフレーズはメモしておいてください。Git署名検証を有効にした後、Talend StudioでGPGシークレットキーを解除できるようパスフレーズを入力する必要があります。

このタスクについて

Talend StudioでGit署名検証を有効にするためには、次の手順に従います。

手順

  1. 特定のリポジトリーでGit署名検証を有効にする場合は、対応するローカルリポジトリーを以下のようにして[Git Repositories] (Gitリポジトリー)ビューに追加します。
    1. メニューバーで[Window] (ウィンドウ) > [Show View...] (ビューを表示...)をクリックし、[Show View] (ビューを表示)ダイアログボックスを開きます。
    2. [Show View] (ビューを表示)ダイアログボックスでGitを展開し、[Git Repositories] (Gitリポジトリー)を選択します。
    3. [Open] (開く)をクリックして[Git Repositories] (Gitリポジトリー)ビューを開きます。
    4. [Git Repositories] (Gitリポジトリー)ビューの右上にある[Add Git repositories] (Gitリポジトリーを追加)をクリックすると、[Add Git Repositories] (Gitリポジトリーを追加)ダイアログボックスが表示されます。
    5. [Directory] (ディレクトリー)フィールドで、Git 署名検証を有効にするローカルリポジトリーを参照します。
    6. [Search results] (検索結果)リストで、ローカルリポジトリーを選択します。
    7. [Add] (追加)をクリックします。
      [Git Repositories] (Gitリポジトリー)ビューにローカルリポジトリーが追加されます。
  2. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)とクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  3. [Preferences] (環境設定)ダイアログボックスにあるツリービューで[Version Control (Team)] (バージョン管理(チーム)) > Git > > [Committing] (コミット)とクリックし、該当するビューを表示させます。
  4. [For signing commits and tags use] (コミットとタグの署名に使用)ドロップダウンリストで[External GPG] (外部GPG)を選択し、[GPG Executable] (GPG実行ファイル)フィールドにGPG実行ファイルへのパスを入力、または参照します。
  5. [Preferences] (環境設定)ダイアログボックスにあるツリービューで[Version Control (Team)] (バージョン管理(チーム)) > Git > > [Configuration] (設定)とクリックし、該当するビューを表示させます。
    [Preferences] (環境設定)ダイアログボックスの[設定]セクション。
  6. すべてのリポジトリーでGit署名検証を有効にする場合は、[User Settings] (ユーザー設定)タブに移動します。
  7. 特定のリポジトリーでGit署名検証を有効にする場合は、[Repository Settings] (リポジトリー設定)タブに移動し、[Repository] (リポジトリー)ドロップダウンリストでリポジトリーを選択します。
  8. [Add Entry...] (エントリーを追加...)をクリックして次の設定エントリーを1つずつ追加し、表示されるダイアログボックスの対応フィールドに、キー、そしてそのエントリーの値を入力します。
    • コミットに署名する場合は、commit.gpgsignキーにtrueという値を入力
    • タグに署名する場合は、tag.gpgSignキーにtrueという値を入力
    • user.signingkeyキーには、その値としてGPGキーを入力
  9. [Apply and Close] (適用して閉じる)をクリックして変更を保存し、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを閉じます。
    これでGit署名検証が有効になり、コミットやタグがすべて署名されます。

    これ以降、Git署名検証を有効にした後に初めて変更をコミットしたり、新しいタグを作成したりする時は、ダイアログボックスが表示され、GPGキーの生成時に使うパスフレーズを入力する必要が出てきます。

    パスフレーズを入力するダイアログボックス。

    [Git Staging] (Gitステージング)ビューで[Sign Commit] (コミットに署名)ボタンが無効になっている場合、コミットには署名されません。

    [Gitステージング]ビュー。

このページは役に立ちましたか?

このページまたはコンテンツに、タイポ、ステップの省略、技術的エラーなどの問題が見つかった場合は、お知らせください。改善に役立たせていただきます。