Studio内から外部モジュールをインストールする - 7.2

Windows用のTalend Data Management Platformインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Management Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード
外部モジュールのほとんどは、Talend Studioに提供されているウィザードを使用してダウンロードし、自動的にインストールできます。

始める前に

Talend Studioにセキュリティで保護されたインターネット接続があることを確認してください。

手順

  1. 次の手順に従って[Download external modules] (外部モジュールのダウンロード)ダイアログボックスを開きます。
    • [Additional Talend Packages] (Talend追加パッケージ)ウィザードで[Required third-party libraries] (必須のサードパーティライブラリー)または[Optional third-party libraries] (オプションのサードパーティライブラリー)チェックボックスをオンにして、[Finish] (終了)をクリックします。
    • Jarインストールウィザードで、[Download and Install] (ダウンロードとインストール)ボタンをクリックして特定のモジュールをインストールするか、または[Download and install all modules available] (すべてのモジュールをダウンロードおよびインストール)ボタンをクリックして利用可能なすべてのモジュールをインストールします。
  2. 利用条件に同意してダウンロードとインストールを開始します。
    • 特定のライセンスで提供されている外部モジュールをダウンロードしてインストールするには、[Licenses](ライセンス)ペインから該当するライセンスを選択します。利用条件を確認して[I accept the terms of the license agreement](使用許諾契約書の条件に同意します)オプションを選択し、[Finish](終了)をクリックします。
    • 一覧のすべてのライセンスで提供される、すべての外部モジュールをダウンロードしてインストールするには、[Accept all](すべて同意)ボタンをクリックします。

タスクの結果

インストールが完了すると、選択した外部モジュールがTalend Studioにインストールされ、それらのモジュールを必要とするTalend Studioの機能が使用できるようになります。