WindowsでTalend製品を手動アンインストール - 7.2

Windows用のTalend Data Management Platformインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Management Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

コントロールパネル経由でTalend製品をアンインストールする時に問題が発生した場合は、uninstall.exeファイルまたはインストールが壊れています。以下の手動アンインストールの指示に従ってください。

手順

  1. Talendサービスがすべて完全に停止していることを確認します: Windowsの[スタート]ボタンから、[サービス]を開きます。
  2. サービス内をスクロールし、Talendサービスを検索します。
  3. Talendサービスを右クリックし、[停止]を選択してサービスを停止します。Kafka、Zookeeper、MongoDBという各サービスは最後に停止します。
  4. コマンドプロンプトを管理者として開きます。
  5. サービスアプリケーションで、Talend製品をダブルクリックして名前をコピーします。
  6. コマンドプロンプトウィンドウにsc delete <service name>と入力します。コピーしたTalendサービス名で<service name>を置換します。例: sc delete talend-tac-7.x.x

    MongoDB、Kafka、Zookeeperという各サービスは最後に停止します。

  7. Talendサービスを削除した後に、サービスタブでF5を押します。削除されたサービスはリスト表示されなくなります。
  8. Talendアプリケーションのインストールフォルダー(C:\Talend\7.x.xなど)を削除します。
  9. アプリと機能アプリケーションから、見つかればMongoDBをクリックし、[Uninstall] (アンインストール)を選択します。
  10. コンピューターを再起動します。

タスクの結果

これでアンインストールは完了です。Talend製品を再インストールする必要があれば、次のセクションを参照してください: Talendインストーラーの紹介