COPYコマンドを使ってデータをロードするジョブを作成する - 7.3

Snowflake

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake

Snowflakeデータベースにアクセスするための接続を開くジョブを作成し、Snowflakeテーブルといくつかのレコードを作成し、COPYコマンドを使ってこれらのレコードをテーブルに挿入し、最後にレコードを取得してコンソールに表示します。

手順

  1. 新しいジョブを作成し、デザインワークスペースに名前を入力するか、[Palette] (パレット)からドロップして、以下のコンポーネントを追加します: tSnowflakeConnectiontFixedFlowInputtSnowflakeOutputBulkExectSnowflakeInputtSnowflakeClose、2つのtSnowflakeRow、2つのtLogRow
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、tFixedFlowInputコンポーネントをtSnowflakeOutputBulkExecコンポーネントにリンクします。
  3. 同じようにして、SnowflakeOutputBulkExecコンポーネントを最初のtLogRowコンポーネントに、tSnowflakeInputコンポーネントを2番目のtLogRowコンポーネントにリンクします。
  4. [Trigger] (トリガー) > OnSubjobOk接続を使って、tSnowflakeConnectionコンポーネントを最初のtSnowflakeRowコンポーネントにリンクします。
  5. 同じようにして、最初のtSnowflakeRowコンポーネントを2番目のtSnowflakeRowコンポーネントに、2番目のtSnowflakeRowコンポーネントをtFixedFlowInputコンポーネントに、tFixedFlowInputコンポーネントをtSnowflakeInputコンポーネントに、tSnowflakeInputコンポーネントをtSnowflakeCloseコンポーネントにリンクします。