tSnowflakeOutputBulk - 7.3

Snowflake

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake

フォルダーに生成されたファイルに受信データを書き込みます。フォルダーは、内部Snowflakeステージ、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)バケット、またはAzureコンテナに配置できます。

通常、tSnowflakeOutputBulktSnowflakeBulkExecコンポーネントは、次の2段階のプロセスで連携して機能します。
  1. tSnowflakeOutputBulkコンポーネントは、受信データをストレージにアップロードします。
  2. tSnowflakeBulkExecコンポーネントは、ストレージからSnowflakeデータベーステーブルにデータをロードします。
この2段階のプロセスで、データベーステーブルにロードする前にデータを変換できます。これらの2つのステップは、別のセクションで詳しく説明されているtSnowflakeOutputBulkExecコンポーネントで融合されています。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。