Snowflakeデータを集計するためのマップコンポーネントを設定する - 7.3

Snowflake

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake

手順

  1. tELTMapコンポーネントをクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Use an existing connection](既存の接続を使用する)チェックボックスをオンにし、[Component List] (コンポーネントリスト)が表示されたら設定済みの接続コンポーネントを選択して、Snowflake接続を開きます。
  3. [Mapping] (マッピング)ドロップダウンリストでMapping Snowflakeを選択します。
  4. [ELT Map Editor] (ELTマップエディター)の横にある[...]ボタンをクリックし、マップエディターを開きます。
  5. マップエディターの左上にある[+]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスのドロップダウンリストから関連するテーブル名を選択して、入力テーブルcontext.SourceTableSを追加します。
  6. 同じようにして、2番目の入力テーブル context.SourceTableTを追加します。
  7. 最初の入力テーブルcontext.SourceTableSからカラムTIDをドラッグし、2番目の入力テーブルcontext.SourceTableTの対応するカラムTIDにドロップします。
  8. すべての列を入力テーブル context.SourceTableS からドラッグし、右上のパネルの出力テーブル context.TargetTable にドロップします。
  9. 同じようにして、2つのカラムTNAMETPHONEを入力テーブルcontext.SourceTableTからドラッグし、出力テーブルの下部にドロップします。終了したら[OK]をクリックし、マップエディターを閉じます。
  10. tELTOutputコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで[Sync columns] (列の同期)ボタンをクリックして、スキーマを設定します。