COPYコマンドを使ってデータをロードする - 7.3

Snowflake

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データガバナンス > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > クラウドストレージ > Snowflake

このシナリオでは、COPYコマンドを使ってデータをSnowflakeテーブルにロードするジョブについて説明します。このジョブでは、リジェクトされるレコードがあった場合に備えて、[Copy Command Options] (コマンドオプションのコピー)をON_ERRORフォームでカスタマイズします。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

入力データには複数のレコードが含まれていますが、そのうちの1つは長さの制限に違反しています。

#Name
Harry
veryveryveryLongName
Jack

そのため、入力データがSnowflakeテーブルに挿入されると、長さの制限に違反するレコードはリジェクトされます。