リスニングポートへのデータの受け渡し - 7.3

Socket

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > Socket
データガバナンス > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > Socket
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > インターネットコンポーネント > Socket

次のシナリオでは、リスニングポート経由でデータを渡すことを目的とした2つのジョブについて説明しています。最初のジョブ([SocketInput])はリスニングポートを開き、データの送信を待ちます。2番目のジョブ([SocketOutput])は、区切りデータをファイルから、リスニングポートに対応するように定義したポート番号に渡します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

ソケットコンポーネントのもう1つのアプリケーションで、直接通信できないサーバー間の通信を制御できるようにします。