Talend SAP RFC Serverの設定 - 7.2

Linux用のTalend Data Services Platformインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

Talend SAP RFC Serverの設定ファイルであるtsap-rfc-server.propertiesは、$TSAPS_HOME/confディレクトリー($TSAPS_HOMETalend SAP RFC Serverがインストールされているディレクトリー)の下にあります。このファイルは7つのセクションで構成されています。Talend SAP RFC Serverを起動する前に、必要に応じてサーバーのいくつかの追加の機能を有効にするようにファイルを設定できます。

注:
  • Talend SAP RFC ServerはSAPクラスター設定をサポートしていません。
  • 設定ファイルを変更するには、Talend SAP RFC Serverの再起動が必要になります。

機能セクション

機能セクションには、Talend SAP RFC Serverの関連機能を有効にする接続情報があります。

#feature.idoc.enabled: IDoc機能を有効にします。

#feature.idoc.transactional: トランザクション管理機能を有効にします。

  • メッセージがJMSブローカーに配信されない場合、トランザクション全体を失敗としてSAPに報告します。
  • リモートJMSブローカーに自動で再接続します。

#feature.idoc.transactionAbortTimeOut: タイムアウト値(ミリ秒)を参照します。

#feature.bw_source_system.enabled: BWソースシステム機能を有効にします。

#feature.streaming.enabled: ストリーミングモード機能を有効にします(Kafkaクラスターへのリモート接続が必要)
注: ストリーミングモード機能の使用に先がけて、バージョンが2.1以降のKafkaサーバーのインストールします。詳細は、http://kafka.apache.org/quickstartを参照してください。

#feature.streaming.timeout: ストリーミングを開始するためのタイムアウト値を参照します。

#feature.idoc.mock.enabled: 5秒ごとにIDocパッケージを生成するモックにIDocレシーバーを置き換えます。

SAP JCOサーバーセクション

SAP JCOサーバーセクションには、RFCコールを介してSAPに接続するためにRFCサーバーが必要とするSAP情報があります。

# jco.server.gwhost: RFCサーバーの登録先となるSAPゲートウェイホストです(必須)。

# jco.server.gwserv: 登録に使用されるポートSAPゲートウェイサービスです(必須)。

# jco.server.progid: ゲートウェイ上の、およびSAPシステムのデスティネーションとしてのIDocのID識別子です。

# jco.server.connection_count: ゲートウェイで登録されている接続の数です。デフォルトは4です。

# jco.server.worker_thread_count: JCOServerインスタンスが使用できるスレッドの数です。

# jco.server.worker_thread_min_count: JCOServerインスタンスによって実行され続けるスレッドの数です。

# jco.server.trace: RFCトレースを有効または無効にします。デバッグで便利です。

SAP JCOクライアントセクション

SAP JCOクライアントセクションには、SAP ABAPサーバーへの接続情報があります。オプションがすべて提供されていること、そしてRFCコール権限を持つユーザーの認証情報を使用できることが必要です。

パスワードをクリアテキストで設定します。このパスワードはTalend SAP RFC Serverの起動時に#記号で上書きされます。

JMSブローカーセクション

JMSブローカーセクションでは、組み込みまたはリモートのJMSブローカーとの対話を設定します。

ユーザー認証を有効にするには、設定ファイル内の次の3つのパラメーターのコメントを解除し、その値を設定する必要があります。ユーザー認証を有効にしない場合、tSAPIDocReceiverコンポーネントまたはtSAPDataSourceReceiverコンポーネントもユーザーおよびパスワードフィールドの値を設定することなくTalend SAP RFC Serverに接続可能となります。

#jms.login.config=conf/user-authentication/login.config: JAAS認証設定が含まれているファイルシステムディレクトリー。

#jms.login.username: 公開者や送信者の認証に使われるJAASユーザー名です。

#jms.login.password: 公開者や送信者の認証に使われるJAASパスワードです。

注: このユーザー名の値とパスワードの値は、tSAPIDocReceiverコンポーネントやtSAPDataSourceReceiverコンポーネントがTalend SAP RFC Serverに接続するために使用されます。これらの値は$TSAPS_HOME/conf/user-authentication/users.propertiesファイル内にも必要です。このファイルでは、各行はユーザー名とパスワードのペアを表し、ユーザー名の値は等号の左側にあり、パスワードの値は等号の右側にあります。

SSLトランスポートメカニズムを有効にするには、SSL用のキーストアファイルを$TSAPS_HOME/confフォルダーにコピーします。次に、設定ファイルの以下の2つのパラメーター(キーストアファイルへのパスとキーストアファイルのパスワード)をコメント解除し、それらの値を設定します。

#jms.login.configDomain=tsaps-domain: 使用するJAAS認証設定のドメインです。

#jms.ssl.keystore.path: SSL用キーストアへのパスです。

#jms.ssl.keystore.password: SSL用キーストアのパスワードです。

#jms.durable.queue.replicate: JMSメッセージを持続キューで複製するかどうか決定します。

#jms.durable.queue.retentionPeriod: 持続キュー内のJMSメッセージの保存期間(ミリ秒)で、デフォルトは7日間です。

組み込みブローカーセクション

組み込みブローカーセクションには、使用された組み込みJMSブローカーの接続情報があります。外部JMSブローカーを使用する場合、これらの値はコメントアウトされています。設定は次のとおりです。

#jms.bindAddress: ホストのアドレスとポート( tcp://localhost:61616など)です。

#jms.persistent: JMSメッセージを存続させたかどうかを決定します。こうすることで、Talend SAP RFC ServerではIDocsから名付けられたキューで受信するIDocのコピーがすべて保持されます。これは、バッチモードでtSAPIDocsReceiverコンポーネントを動作させるためのものです。レシーバーが実行されると、最後の実行以降に持続性キューに格納されているすべてのIDocが収集されます。

デフォルトでは、メッセージはキューに最大7日間保持されます。この保持期間を変更するには、設定ファイルでこのパラメーターをコメント解除し、要件が満たされるようにその値を更新します。

#jms.dataDirectory: JMSブローカーがデータを存続化させるために使うファイルシステムの場所です。

#jms.useJmx: ブローカーのサービスをJMXに公開するかどうか設定します。

リモートブローカーセクション

リモートブローカーセクションには、リモートブローカーや外部ブローカーへの接続情報があります。組み込みブローカーを使用する場合、このセクションはコメントアウトされています。設定は次のとおりです。

#jms.broker.url: アクティブであれば、組み込みのブローカーではなくリモートブローカーに接続します。

#jms.reconnect.interval: 再接続試行と再接続試行の間隔です。

Kafkaセクション

Kafkaセクションには、ストリーミングモード機能の使用に必要となるKafka接続情報があります。

kafka.bootstrap.servers=<kafka_setting>: Kafkaブローカーのアドレスであるホストとポートというペアのリストです。