JDKパスを設定してジョブをビルド - 7.2

Linux用のTalend Data Services Platformインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード
この記事では、JDK8 を使ってTalend StudioでJDKパスを設定する方法を説明します。

Talend Studioでジョブをビルドする場合は、使用するマシンにJREだけではなくJDKもインストールする必要があります。ジョブをビルドする前に、Talend Studio[Installed JREs] (インストール済みのJRE)ウィンドウでJDKパスを設定してください。このパスが設定されないとターゲットアーカイブ ファイルが作成されません。

Talendの製品バージョンに応じたJDKバージョンを選択する方法については、Talend Help CenterTalendのインストールに関するドキュメンテーションを参照してください。