スクリプトを使用したTalend Studioでの複数接続の設定 - 7.2

Linux用のTalend Data Services Platformインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

Talend Studioでは、接続作成スクリプトを使用して一度に複数の接続を作成できます。

次の例は、スクリプトを使用してローカル接続とTalend Administration Center接続を一度に作成する方法を示しています。

手順

  1. JSON形式で接続の詳細を定義するスクリプトファイルを作成します。

    この例では、スクリプトにmyConnections.jsonという名前を付け、Talend Studioインストールディレクトリーに配置します。

    [
        {
            "name": "localConnection",
            "description": "My local connection",
            "local": true,
            "user": "user@talend.com",
            "workSpace": "D:\\Talend\\workspace"
        },
    	{
            "name": "remoteConnection",
            "description": "My TAC connection",
            "local": false,
            "user": "studiouser@company.com",
            "password": "mypassword",
            "workSpace": "D:\\Talend\\remoteworkspace",
            "url": "http://192.128.8.88:8081/org.talend.administrator"
        }
    ]
    警告: ワークスペースディレクトリーのパスにスペースまたは特殊文字が含まれていないことを確認してください。JVMの互換性の問題でTalend Studioが動作しなくなる可能性があります。
  2. Talend Studioインストールディレクトリーで、次のコマンドを実行します。
    注: この例では、Talend StudioをMicrosoft Windowsで使用しているものと仮定しています。別のオペレーティングシステムを使用している場合は、そのオペレーティングシステムに対応するTalend Studioの実行可能ファイルを使用します。
    Talend-Studio-win-x86_64.exe -nosplash -application org.talend.commandline.GenerateConnection -consoleLog -data commandline-workspace -f myConnections.json
  3. Talend Studioを起動します。
  4. Talend Studioログインウィンドウで[Manage Connections] (接続の管理)ボタンをクリックし、[Connections] (接続)ウィンドウを開いて接続をチェックします。

タスクの結果

スクリプトファイルで定義されている接続が作成され、[Connections] (接続)ウィンドウに表示されます。