Talend Dictionary Serviceの設定と起動 - 7.2

Linux用のTalend Data Services Platformインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

手順

  1. <Tomcat>/conf/data-quality.propertiesを開き、以下のTalend Dictionary Serviceプロパティを編集します:

    フィールド

    アクション

    oidc.url

    Talend IdentityおよびAccess ManagementにURL (たとえばhttp://localhost:9080/oidcで確認できます。

    scim.url

    Talend IdentityおよびAccess Management SCIMにURL (たとえばhttp://localhost:9080/scimで確認できます。

    oidc.semanticservice.id

    Talend IdentityおよびAccess Management OIDCクライアント識別子を入力します。

    oidc.semanticservice.secret

    Talend IdentityおよびAccess Management OIDCパスワードを入力します。

    spring.cloud.stream.kafka.binder.brokers

    Kafkaブローカーに対応するホストを入力します。

    spring.cloud.stream.kafka.binder.defaultBrokerPort

    Kafkaブローカーに対応するポートを入力します。

    spring.cloud.stream.kafka.binder.zkNodes

    Zookeeperノードに対応するホストを入力します。

    spring.cloud.stream.kafka.binder.defaultZkPort

    Zookeeperノードに対応するポートを入力します。

    プロパティファイルに入力されたパスワードはすべて、Talend Dictionary Serviceインスタンスを開始する時に暗号化されます。

  2. MongoDB基本設定の次のフィールドを更新します。

    フィールド

    説明

    dq.mongo.host

    MongoDBインスタンスのホスト名。

    dq.mongo.port

    MongoDBインスタンスのポート番号。

    dq.mongo.username

    データベースに接続するために使用するユーザー名。

    dq.mongo.password

    データベースに接続する際に使用するパスワード。

    dq.mongo.database.name

    Talend Dictionary Serviceが接続されるデータベースの名前(デフォルトはdqdict)。

  3. MongoDBを起動します。
  4. dq_dict/databaseフォルダーに移動し、semantic-dictionary-import.shスクリプトを編集します。
  5. 変数をMongoDB認証情報で置き換えます。
  6. スクリプトを実行します。
  7. Talend Dictionary Serviceを以下の順序で起動して開始します。
    • Apache Zookeeper
    • Apache Kafka
    • Apache Tomcat