Talend CommandLineのメモリ設定とJVM設定の編集 - 7.2

Linux用のTalend Data Services Platformインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

サーバーとしてのTalend CommandLineTalend 7.1以降、非推奨となります。

の実行時および起動時にパフォーマンスを向上させるため、対応するTalend CommandLineファイルのメモリ設定を編集できます。

手順

  1. Talend-Studio-linux-gtk-x86_64.iniファイルを編集します。
  2. メモリ属性を編集します。例:
    -vmargs -Xms512m -Xmx1536m -XX:MaxMetaspaceSize=512m
    ヒント: 大きなプロジェクトでは、Xmxを4096mに増やす必要があります。
    詳細は、http://www.oracle.com/technetwork/java/hotspotfaq-138619.htmlを参照してください。
  3. commandline-linux_x86_64.shファイルを編集します。
  4. 次の情報を変更します:
    ./Talend-Studio-linux-gtk-x86_64 -nosplash -application 
    org.talend.commandline.CommandLine -consoleLog -data 
    commandline-workspace startServer -p 8002
    TO
    /My_Jvm_Path/java -jar
    plugins/org.eclipse.equinox.launcher_1.1.0.v20100507.jar
    -nosplash -application org.talend.commandline.CommandLine
    -consoleLog -data commandline-workspace startServer -p 8002
    -vmargs -Xmx1536m -XX:MaxMetaspaceSize=512m
    ヒント: 大きなプロジェクトでは、Xmxを4096mに増やす必要があります。