Talend Studioでのローカル接続の設定 - 7.2

Linux用のTalend Data Services Platformインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Data Services Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード
Talend Studioでは、ローカル接続を作成して、ローカルにプロジェクトに取り組むことができます。

手順

  1. Talend Studioを起動します。
  2. Talend Studioログインウィンドウで[Manage Connections] (接続の管理)ボタンをクリックし、[Connections] (接続)ウィンドウを開きます。
  3. [Connections](接続設定)ウィンドウで、[+]ボタンをクリックして、新しい接続を作成します。
  4. [Repository](リポジトリー)リストから[Local](ローカル)を選択し、接続の[Name](名前)と[Description](説明)を入力します。
  5. [User E-mail] (ユーザーメール)フィールドにユーザーアカウントを入力します。
  6. ローカルワークスペースのディレクトリーを指定します。
    警告: ワークスペースディレクトリーのパスにスペースまたは特殊文字が含まれていないことを確認してください。JVMの互換性の問題でTalend Studioが動作しなくなる可能性があります。
  7. [OK]をクリックします。

タスクの結果

これで、新規作成した接続をTalend Studioログインウィンドウで選択すると、ローカルプロジェクトに接続できます。