tMDMRollback標準プロパティ - 7.3

MDM connection and transaction

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend MDM Server
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDM接続およびトランザクションコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDM接続およびトランザクションコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > MDMコンポーネント > MDM接続およびトランザクションコンポーネント

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtMDMRollbackを設定するために使います。

Standard tMDMRollbackコンポーネントはTalend MDMファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Component List] (コンポーネントリスト)

ロールバックアクションを実行するtMDMConnectionコンポーネントを選択します。

接続の終了

変更をロールバックした後、MDMサーバーへのこの接続のセッションを閉じるには、このチェックボックスをオンにします。このチェックボックスをオンにしていない場合でも、自動コミットモードが有効になっていない限り、接続は後続のサブジョブで使えません。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルおよび各コンポーネントレベルで処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、tMDMConnectiontMDMCommittMDMSPtMDMViewSearchtMDMInputtMDMDeletetMDMRouteRecordtMDMOutputtMDMCloseコンポーネントと共に使います。