シングルサインオン(SSO)をTalend Cloud向けに設定する - Cloud

Talend Cloudシングルサインオン(SSO)設定ガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Management Console
task
管理と監視 > ユーザーの管理

ユーザーはデフォルトの認証モードをSSOに変更できます。

Talend Cloudにはジェネリックログイン設定オプションがあります。これによってユーザーは、SAML 2.0を通じてお好みの認証プロバイダーを使ってSSOを設定できます。有効化するには:

  1. SSOプロバイダー側でアプリケーションを作成し、そのアプリケーションのSAMLパラメーターが含まれているメタデータファイルをダウンロードします。Talend Cloudの認定プロバイダー(以下)の1つでSSOを設定する方法は、Talend Cloudシングルサインオン(SSO)設定ガイドを参照してください: Okta、OneLogin、PingFederate、Microsoft Azure Active Directory。
  2. SSO組織のURLとメタデータを指定することで、Talend Cloud Management ConsoleからSSOを有効にします。Talend Cloud Management ConsoleでのSSOの有効化を参照してください。

多要素認証(MFA)について

多要素認証(MFA)を使ってTalend Cloudにログインするには、外部SSOプロバイダーで対応するオプションを選択します。SSOプロバイダーでMFAが有効になると、Talend Cloudはそれに準拠します。

注:
  • SSOが有効な場合、ユーザーがTalend StudioTalend Cloudに接続するには、パーソナルアクセストークンを使用する方法しかありません。
  • Talend CloudでのMFAの使用に関して、完全なテストは認証SSOプロバイダーにのみ行われましたが、MFAは他のSSOプロバイダーでもまったく同じように機能すると想定されます。