サードパーティツールの変数およびパスの設定 - Cloud

クラウドのTalendソフトウェア開発ライフサイクル - ベストプラクティスガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Artifact Repository
Talend Management Console
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発
デプロイメント
管理と監視
Jenkinsパイプライン(JDK/OpenJDK、Maven)を実行するために必要なサードパーティツールの環境変数とパスを保管します。

手順

  1. [Manage Jenkins] (Jenkinsの管理) > [Configure System] (システムの設定)に移動します。
  2. [Global properties] (グローバルプロパティ) > [Environment variables] (環境変数)エリアで以下のツールに対応する環境変数を追加します:
    • JavaまたはOpenJDK
    • Maven: 変数の名前をMAVEN_HOMEにします。この名前はパイプラインスクリプトで使用されます
    • M2 Mavenリポジトリー: 変数の名前をM2_HOMEにします。この名前はパイプラインスクリプトで使用されます
      ヒント: この変数値はthe <studio_path>/configuration/.m2/repositoryフォルダーに対応します。
  3. [Save] (保存)をクリックして、変更を反映します。
  4. [Global Tool Configuration] (グローバルツール設定) > Mavenエリアで、M3 Mavenツールを追加します。
    1. [Add Maven] (Mavenの追加)をクリックします。
    2. ツールの名前をM3にします。この名前はパイプラインスクリプトで使用されます。
    3. MAVEN_HOMEフィールドにMavenインストールディレクトリーへのパスを入力します。
  5. [Save] (保存)をクリックして、変更を反映します。