入力コンポーネントを設定する - 7.2

Delimited

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 列区切り文字付き

手順

  1. tFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. 入力ファイルを参照してファイル名の区切り記号を入力します。この例ではそれぞれ、キャリッジリターンとセミコロンフィールドです。
    入力ファイルとして使用するファイルは、IDQuestion、および対応するAnswerという3つのカラムで構成されています。
  3. [Row] (行)[Field] (フィールド)を定義します。
  4. ファイルにはヘッダー行も含まれているので、それも定義します。
  5. 3つのカラムを説明するスキーマを設定します。すなわちID区切り記号で、この例ではそれぞれ、キャリッジ、QuestionsAnswersです。