メールを取得し、メールファイルからデータを抽出する - 7.3

Mail

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント

この記事では、コンポーネントtPOPとtFileInputMailを使用して、メールを取得し、メールファイルからデータを抽出する方法について説明します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

tPOPコンポーネントは、POP3またはIMAPプロトコルを使用してサーバーから1つまたは複数のメールメッセージをフェッチし、tFileInputMailコンポーネントは、定義されたMIMEまたはMSGメールファイルのヘッダーとコンテンツ部分を読み取ります。

メールのすべての操作はメールサーバーと同期されるため、メールメッセージを読み取る時はIMAPプロトコルを使用することをお勧めします。