メールを取得してメールデータを抽出するジョブを作成する - 7.3

Mail

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージングコンポーネント > メールコンポーネント

この例では、次のことを行うジョブを設計します。

  • メールサーバーからメールを読み取り、ローカルディレクトリーに保存する
  • ローカルディレクトリーからメールファイルを読み取る
  • メールファイルから標準のキーデータを抽出する
  • 抽出したデータをコンソールウィンドウに印刷する

手順

  1. 新しいジョブを作成し、tPOPコンポーネント、tFileListコンポーネント、tFileInputMailコンポーネント、およびtLogRowコンポーネントをジョブに追加します。
  2. [Row] (行) > [Iterate] (反復)接続を使用して、tFileListコンポーネントをtFileInputMailコンポーネントにリンクします。
  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、tFileInputMailコンポーネントをtLogRowコンポーネントにリンクします。
  4. [Trigger] (トリガー) > On Subjob Ok接続を使って、tPOPコンポーネントをtFileListコンポーネントにリンクします。