Talend Data Preparation Free DesktopからMac上のTalend Data Preparationへの移行 - 7.0

Talend Data Preparation Free Desktop管理ガイド

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング

Talendのスクリプトを使用すると、すべてのデータセットとプレパレーションをTalend Data Preparation Free DesktopからTalend Data PreparationまたはTalend Cloud Data Preparationに移行できます。

Talend Data Preparation Free DesktopからTalend Data PreparationまたはTalend Cloud Data Preparationへの移行はバージョン2.1だけでサポートされています。

始める前に

Talend Data PreparationまたはTalend Cloud Data Preparationが実行されていることを確認します。

手順

  1. /Applicationsフォルダーに移動します。
  2. Talend Data Preparation Free Desktopアプリケーションアイコンを右クリックして、[Show Package Contents] (パッケージの内容を表示)をクリックします。
  3. Contentsフォルダーに移動します。
  4. migrate_to_subscription.commandファイルを実行します。
  5. ウィザードの手順に従います。

    Talend Data PreparationまたはTalend Cloud Data Preparation URLとユーザークレデンシャルを入力するように指示するメッセージが表示されます。

タスクの結果

Talend Data Preparation Free Desktopで作成したすべてのデータセットとプレパレーションをTalend Data PreparationまたはTalend Cloud Data Preparationで使用できるようになりました。移行の間、お気に入りを含めたこのすべてのデータが、使用しているアカウントにインポートされます。

処理済みの行の数に制限はありません: 30,000行以上のデータセットがある場合、データセット全体がインポートされます。

複製がある場合、Talend Data PreparationまたはTalend Cloud Data Preparationに含まれているデータはそのまま維持されます。