MacOSでビッグデータセットのインポートを有効にする - 7.0

Talend Data Preparation Free Desktop管理ガイド

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング

MacOSバージョンのユーザーは、大量のデータセットをインポートしようとするとエラーが発生する可能性がありますTalend Data Preparation Free Desktop

10,000行32列などの比較的大きなデータセットはインポートに時間がかかり、デフォルトのタイムアウト期間を超える可能性が高いため、インポートプロセスが失敗する可能性があります。この問題の発生を防ぎ、タイムアウト制限をバイパスするには、設定ファイルの1つに新しいプロパティを追加し、そのようなリクエストのタイムアウトを無効にします。

手順

  1. 次のいずれかの場所からInfo.plistファイルを開きます:
    • /Applications/Talend Data Preparation Free Desktop.app/Contentフォルダーに移動します。
    • DockTalend Data Preparation Free Desktopアイコンを右クリックし[View the contents of the package] (パッケージの内容を表示)を選択します。
  2. Info.plistファイルに次のエントリを追加します。:
    <string>-Dhystrix.command.default.execution.timeout.enabled=false</string>
  3. Talend Data Preparation Free Desktopを再起動します。

    Webブラウザーをただ閉じて開くのではなく、アプリケーションを完全に再起動する必要があります。