Talend Data Preparation Free Desktopの設定パラメーターのリスト - 7.0

Talend Data Preparation Free Desktop管理ガイド

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング

application.properties ファイルのすべてのパラメーターは、インストーラーによるTalend Data Preparation Free Desktopのインストール中にデフォルトで設定されます。ただし、インストール環境に応じてカスタマイズすることもできます。

このファイルを変更した後、新しい値を反映させるためにTalend Data Preparation Free Desktopを再起動する必要があります。

パラメーター

説明

dataprep.locale=en-US

このパラメーターの値を変更して、アプリケーションインターフェイスの言語を設定します。

spring.profiles.active=bundled

spring.mvc.favicon.enabled=false

Springパラメーター。Talendによる指示がない限り、これらの値は変更しないで下さい。

server.port=9090

Talend Data Preparation Free Desktopによって使用されるサーバーポート

spring.mvc.async.request-timeout=300000

非同期実行のタイムアウト設定。Talendによる指示がない限り、この値は変更しないで下さい。

service.documentation=false

service.documentation.name=Talend Data Preparation - API

service.documentation.description=This service exposes high level services that may involve services orchestration.

service.paths=api

サービスドキュメントへのアクセスを有効にするには、これらのパラメーターを設定します。

dataset.records.limit=30000

dataset.local.file.size.limit=2000000000

dataset.list.limit=10

dataset.imports=local

データセットのサイズ制限と表示のパラメーター

dataset.service.url=http://127.0.0.1:${server.port}

transformation.service.url=http://127.0.0.1:${server.port}

preparation.service.url=http://127.0.0.1:${server.port}

データセットサービスのアドレス

dataset.metadata.store=file

preparation.store=file

user.data.store=file

folder.store=file

upgrade.store=file

ファイル保存設定パラメーター

dataset.metadata.store.file.location=${user.home}/AppData/Roaming/Talend/dataprep/store/datasets/metadata/

preparation.store.file.location=${user.home}/AppData/Roaming/Talend/dataprep/store/preparations/

user.data.store.file.location=${user.home}/AppData/Roaming/Talend/dataprep/store/users/

folder.store.file.location=${user.home}/AppData/Roaming/Talend/dataprep/store/folders/

upgrade.store.file.location=${user.home}/AppData/Roaming/Talend/dataprep/store/upgrade

データ保存場所のパラメーター

content-service.store=local

content-service.store.local.path=${user.home}/AppData/Roaming/Talend/dataprep/

キャッシュと内容の保存の場所

preparation.store.remove.hours=24

プレパレーションのサービス設定Talendによる指示がない限り、これらの値は変更しないで下さい。

luceneIndexStrategy=singleton

Luceneのインデックス設定。Talendによる指示がない限り、これらの値は変更しないで下さい。

dataquality.indexes.file.location=data/data-quality/org.talend.dataquality.semantic

データクオリティのインデックスの保存場所。この値を変更すると、Talend Data Preparationによって起動時にインデックスが自動的に再作成されます。

mail.smtp.host=<encrypted value>

mail.smtp.port=<encrypted value>

mail.smtp.username=<encrypted value>

mail.smtp.password=<encrypted value>

mail.smtp.from=<encrypted value>

mail.smtp.to=<encrypted value>

mail.smtp.subject.prefix=<encrypted value>

mail.smtp.body.prefix=<encrypted value>

mail.smtp.body.suffix=<encrypted value>

フィードバックメッセージ形式の設定パラメーター

upgrade.location=https://www.talendforge.org/data_prep_version_service/WS/new_version_available.php

Talend Data Preparation Free Desktopの新しいバージョンが利用可能になると表示される通知メッセージのパラメーター

logging.file=${user.home}/AppData/Roaming/Talend/dataprep/logs/app.log

ログファイルのレベル出力パターン

logging.pattern.file=%d{yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS} %5p --- [%t] %-40.40logger{39} : %m%n%wEx

ログパターンの設定を有効にするには、このパラメーターのコメントを解除します

logging.pattern.console=%clr(%d{yyyy-MM-dd HH:mm:ss.SSS}){faint} %clr(%5p) %clr(${PID:- }){magenta} %clr(---){faint} %clr([%15.15t]){faint} %clr(%-40.40logger{39}){cyan} %clr(:){faint} %m%n%wEx

コンソールロギングパターンの設定を有効にするには、このパラメーターのコメントを解除します

spring.output.ansi.enabled=always

コンソール出力でANSI配色を設定するには、このパラメーターのコメントを解除します