tNeo4jConnection標準プロパティ - 7.3

Neo4j

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQL Components > Neo4j
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQL Components > Neo4j
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQL Components > Neo4j

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtNeo4jConnectionを設定するために使います。

Standard tNeo4jConnectionコンポーネントはビッグデータファミリーとデータベースNoSQLファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで使用できます。

基本設定

[DB version] (DBバージョン)

使用しているNeo4jバージョンを選択します。

V3.2.Xを使用する場合:
  • リモートサーバーを使用する場合、tNeo4jConnectionで定義した接続を再利用できるのはtNeo4jInputtNeo4jRowのみです。これらのコンポーネントはNeo4jリモートサーバーでのみ使用できるからです。

  • ローカルサーバーを使用する場合、tNeo4jConnectionで定義した接続を再利用できるのは、tNeo4jBatchOutputtNeo4jBatchSchema、およびtNeo4jBatchOutputRelationshipのみです。これらのコンポーネントはNeo4jローカルサーバーでのみ使用できるからです。

2.X.Xバージョンと3.X.Xバージョンを同じジョブで使用しないでください。使用するとクラスコンフリクトの問題が発生します。

Neo4jバージョン2.X.XはJava 7以降に対してのみ互換性があります。ただし、ノードラベルのような高度な機能をサポートしています。

データベースバージョンを選択すると、対応するデータベースドライバーJARファイルをインストールするように指示されます(まだインストールしていない場合)。詳細は、外部モジュールのインストールを参照してください。

[Remote server] (リモートサーバー)

Neo4jリモートサーバーを使用する場合は、このチェックボックスをオンにして、[Server URL] (サーバーURL)フィールドでルートURLを指定します。

  • [Set username] (ユーザー名の設定): このチェックボックスは、[Use a remote server] (リモートサーバーの使用)チェックボックスがオンで、使用しているNeo4jバージョンが2.2よりも古い場合に使えます。接続先とするリモートNeo4jサーバーがユーザー認証情報を必要としない場合は、チェックボックスをオフのままにしておきます。

  • [Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード): 認証情報を入力し、使用するリモートNeo4jサーバーに接続します。Neo4j 2.2以降、ユーザー認証情報は常に求められます。

[Server URL] (サーバーURL)

ルートURLを指定します。

このフィールドは、[Use a remote server] (リモートサーバーを使う)チェックボックスがオンになっている場合にのみ使えます。

読み取り専用

組み込みデータベースを読み取り専用モードで使う場合は、このチェックボックスをオンにします。アプリケーションが既にデータベース専用になっている場合に役立ちます。

このチェックボックスは、2.XXバージョンを使っている場合にのみ使えます。

警告:

ジョブ内にtNeo4jOutputtNeo4jOutputRelationship、またはtNeo4jRowなどの出力Neo4jコンポーネントがある場合は、このモードを使わないでください。

[Database path] (データベースパス)

Neo4jを埋め込みモードで使用する場合は、データファイルのパスを指定します。

このフィールドは、[Use a remote server] (リモートサーバーを使う)チェックボックスがオフになっている場合にのみ使えます。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計) このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

Global Variables

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細については、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは通常、他のNeo4jコンポーネント、特にtNeo4jCloseと共に使います。
制限事項 N/A