動画のデータをNeo4jにインポートする - 7.3

Neo4j

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQL Components > Neo4j
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQL Components > Neo4j
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQL Components > Neo4j

手順

  1. 2番目のtFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで、動画の情報が保存されているCSVファイルへのパスを指定します。
    このサンプルに使用している入力CSVファイルは、次のとおりです。
    Title;Released;Tagline
    The Matrix;03-31-1999;Welcome to the Real World
    The Matrix Reloaded;05-07-2003;Free Your Mind
    The Matrix Revolutions;10-27-2003;Everything that has a Beginning has an End
  3. [Header] (ヘッダー)フィールドで、ヘッダー行としてスキップする行数を指定します。このサンプルでは、CSVファイルの最初の行がヘッダー行です。
  4. [Edit schema] (スキーマの編集)の横にある[...]ボタンをクリックして[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開き、入力ファイルの構造をベースに入力スキーマを定義します。このサンプルでは、入力スキーマは、title (String型)、released (Date型)、tagline (String型)という3つのカラムで構成されています。
    終了したら[OK]をクリックして[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを閉じ、スキーマを次のコンポーネントにプロパゲートします。
  5. 2番目のtNeo4jOutputコンポーネントをクリックし、[Component] (コンポーネント)タブを選択して、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Use an existing connection] (既存の接続を使用する)チェックボックスをオンにし、tNeo4jConnectionコンポーネントによって開かれたNeo4jデータベース接続を再利用します。このコンポーネントは、このサンプルで使用している唯一の接続コンポーネントです。
  7. tNeo4jOutputコンポーネントをダブルクリックするか、またはコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューにある[Mapping]ボタンをクリックして、インデックスおよび関係のマッピングエディターを開きます。
  8. スキーマパネルでtitleカラムを選択し、[Index creation] (インデックスの作成)タブをクリックし、[+]ボタンをクリックしてテーブルに行を追加し、このカラムにtitleという名前のインデックスを作成します。
    • [Name] (名前)フィールドに、titleを二重引用符で囲んで入力します。

    • [Key] (キー)フィールドに、titleを二重引用符で囲んで入力し、インデックスにキーを与えます。

    スキーマパネルをクリックしてインデックスの作成を確定し、[OK]をクリックしてマッピングエディターを閉じます。
  9. [Use label (Neo4j > 2.0)] (ラベルの使用(Neo4j > 2.0))チェックボックスをオンにして、[Label name] (ラベル名)フィールドに、Moviesを二重引用符で囲んで入力します。その結果、作成されるノードはMoviesとラベル付けされます。