ノードに一意性制約を追加する - 7.3

Neo4j

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > NoSQL Components > Neo4j
データガバナンス > サードパーティーシステム > NoSQL Components > Neo4j
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > NoSQL Components > Neo4j

手順

  1. tNeo4jBatchSchemaコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Use an existing connection] (既存の接続を使用する)チェックボックスを選択して、tNeo4jConnectionコンポーネントによって開かれたNeo4j接続を再利用します。
  3. 実行後に接続を適切に閉じるには、 [Shutdown after Job] (ジョブ後にシャットダウン)チェックボックスを選択します。
  4. [Schema definition] (スキーマ定義)テーブルで、をクリックして2つの行を追加します。 [+]ボタンを2回押す:
    1. Schema type} ([ スキーマタイプ)]カラムで、[Node property is unique] (ノードプロパティを一意にする)を選択して、Neo4jのノードに一意性の制約を追加します。
    2. [For node with Label] (ラベル付きのノード)カラムに、二重引用符で囲むように、俳優ノードと映画ノードで使用されるラベルである [Actor] (俳優)[Movie] (映画)をそれぞれ入力します。そのため、ここに入力する内容は、これらのノードを作成するときに以前に使用したラベルと同じにする必要があります。
    3. [On property] (プロパティ )カラムに、一意性制約を追加する必要のあるノードプロパティを二重引用符で囲んで入力します。俳優ノードの場合は[name] (名前)を入力し、映画ノードの場合は[title] (タイトル)を入力します。ここに入力する値は、 tNeo4jBatchOutputコンポーネントによって作成されるノードの俳優名と映画名を提供するために、以前に定義されたカラム名と同じにする必要があります。
  5. [Ctrl] + [S]を押してジョブを保存し、[F6]を押すか、[Run] (実行)タブで[Run] (実行)をクリックして、ジョブを実行します。

タスクの結果

ジョブが最後まで正常に実行されたら、Neo4jブラウザーで結果を確認します。