SAP関連コンポーネント用のFTPサーバーを作成する - 7.3

ELT SAP

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT SAPコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT SAPコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT SAPコンポーネント
SAP関連のさまざまなコンポーネントを使う前に、SAPシステムと同じサーバーまたは別のサーバーで実行するようにFTPサーバーを作成して設定します。FTPサーバーが稼働したらすぐに、この接続をtELTSAPMapなどのコンポーネントに追加するか、Talend Studioで使うコンテキストパラメーターとして保存できます。

SAPからデータを抽出するためにTalend Studioを使う利点

SAPシステムから大量の情報がある場合、該当する情報の抽出は非常に困難な場合があります。SAPサーバーに直接接続すると、接続がリセットされるか、メモリ不足の例外が発生する場合があります。この問題に対処して膨大なデータのオフロードを容易にするために、Talend Studioでは、データをTalendサーバーに転送する前に、そのデータをSAPサーバー内のディスクに保管する機能を提供しています。

FTPをサポートするコンポーネント

以下は、SAPからデータを抽出するために使えるFTP転送機能を備えたコンポーネントのリストです。
  • tELTSAPMap
  • tSAPConnection
  • tSAPDSOInput
  • tSAPInfoCubeInput
  • tSAPODPInput

このチュートリアルについて

このチュートリアルでは、2つの手順について説明します。
  • FTPサーバーおよびその他のSAP関連タスクを設定する: この設定は、SAPシステム管理者が実行する必要があります。FTPサーバーの設定方法には2つのオプションがあります。SAPシステムと同じサーバーで実行することも、別のサーバーで実行することもできます。FTPサーバーは、SAPシステムではなく、オペレーティングシステムレベルで処理されます。
  • tELTSAPMapジョブを設定する: この設定は、tELTSAPMapコンポーネントを使ってSAPアプリケーションテーブルからデータを抽出する方法を示しています。