tELTSAPMapジョブを設定する - 7.3

ELT SAP

EnrichVersion
Cloud
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Studio
task
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT SAPコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT SAPコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ELTコンポーネント > ELT SAPコンポーネント

SAPアプリケーションテーブルからデータを抽出できるtELTSAPMapコンポーネントを使って、Talendジョブを作成できます。

tELTSAPMapコンポーネントを使うと、ジョブのクエリーを定義できます。クエリーは、SAPアプリケーションサーバーで実行されます。

このサンプルシナリオは、SAP販売請求書ヘッダーテーブルVBRKからデータを抽出する方法を示しています。

始める前に

  • FTPサーバーおよびその他のSAP関連タスクを設定するの手順を実行したことを確認してください。
  • トランスポートファイルによってインストールされたSAPソースシステムでカスタム関数モジュールを使用できることを確認してください。トランスポートファイルはTalend Studioインストールパスにあります: ~\plugins\org.talend.libraries.sap_#.#.#.########_####\resources

手順

  1. Talend Studioを起動します。
  2. SAP接続を設定します。
    1. [Metadata] (メタデータ) > [SAP Connections] (SAP接続) > [Create SAP connection] (SAP接続の作成)を選択します。
    2. 表示されたフィールドにSAPサーバーの詳細を入力します。
  3. データを抽出するSAPテーブルを取得します。新規作成したSAP接続を右クリックして、[Retrieve SAP Table] (SAPテーブルの取得)を選択します。
    この例では、VBRK(売上請求書ヘッダー)テーブルを取得します。
  4. コンポーネントtSAPConnectiontELTSAPInputtELTSAPMap tFileOutputDelimitedを含む標準ジョブを作成します。
  5. VELKテーブルを指定するようにtELTSAPInputを設定します。
  6. VBRK tELTSAPInputコンポーネントをtELTSAPMapに接続します。
  7. tELTSAPMapを選択し、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  8. 出力に使うフィールドを選択します。左側から右側にドラッグ&ドロップします。

    次のクエリーが生成されていることを確認してください。

  9. tELTSAPMapコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)タブに、SAP接続とFTP接続の詳細を追加します。
  10. [Run] (実行)をクリックしてジョブを実行します。