チャートを使った絶対値の計算 - 7.3

Talend Data Preparation入門ガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Data Preparation
task
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング

数値の絶対値を計算するファンクションは、データに対して利用できるさまざまな数学ファンクションの1つです。

Number_of_rentalsカラムをよく見ると、一部の数値に負の値があります。

これらのセルは、integerで設定されたセマンティックタイプに自動的に適合されているので、クオリティバーで「誤り」としてマークされません。それでも、これは使用できないデータなので、これらすべての数値から負の記号を削除するファンクションを適用する必要があります。

データの絶対値を計算するには、次の手順を実行します。

手順

  1. Number_of_rentalsカラムのヘッダーをクリックしてその内容を選択します。

    統計ボックスには、-100の範囲の値があることがはっきりとわかります。

  2. 画面右下にある縦棒グラフの左から最初の棒をクリックします。

    この棒は、0以下の値のすべての出現を表します。

    フィルターがデータに適用されています。プレパレーションには、レンタル数がゼロ以下の行しか表示されなくなりました。これで、これらのセルにだけファンクションを適用できます。

  3. ファンクションリスト下にある[Apply changes to:] (適用変更先)の前の[Filtered rows] (フィルター処理済みの行)ラジオボタンを選択します。
  4. ファンクションリストの[Calculate Absolute Value] (絶対値の計算)をクリックします。

    すべての負の値が変換されます。

  5. フィルターを消去するには、フィルターの右のxアイコンをクリックします。

タスクの結果

プレパレーションに再びすべてのデータが表示されます。Number_of_rentalsカラムの統計ボックスをもう一度見ると、最小値が-10ではなく0になっています。つまり、データの質と有用性が向上していることになります。