Talend MDM Platformの論理機能アーキテクチャー - 7.0

Talend MDM Platform入門ガイド

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Runtime
Talend Studio
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング

Talend MDM Platform論理機能アーキテクチャーは、Talend MDM Platform機能、相互作用、対応するITニーズを特定するアーキテクチャーモデルです。アーキテクチャー全体は、特定の機能を機能ブロックに分離することで説明されています。

下の図は主なアーキテクチャー機能ブロックです。

機能ブロックのタイプは以下のとおりです。

  • [Clients] (クライアント)のブロックには、同一または異なるマシン上に存在しうるTalend StudioとWebブラウザーが1つまたは複数含まれています。

    Studioから、一元管理されたリポジトリーをセットアップおよび操作できます。これらにより、必要なビジネスルールとデータルールを使用するデータモデルをビルドして、マスターデータの単一のコピーを作成できます。このマスターデータは、ターゲットシステムとソースシステムにプロパゲートバックされます。

    Studioから、定義済みのパターンとインジケーターを使用して、さまざまなデータソースに保存されているデータを分析し、分析結果を参照およびクエリーして、破損、不完全、不正確なデータを削除することもできます。

    Webブラウザーから以下にアクセスできます。

    • Talend MDM Web UI。Studioが定義したタスクを使用してマスターデータを検索、表示、または編集することができます。

    • Talend Data Preparationの Webアプリケーション。ローカルファイルやその他のソースからデータをインポートし、このデータに新しいプレパレーションを作成することによって、クレンジングやエンリッチを行います

    • Talend Data StewardshipのWebアプリケーション。キャンペーンオーナーとデータスチュワードがキャンペーンとタスクを管理します。

    • オプションで、Dictionary Serviceサーバーを使用して、Webアプリケーションのデータに使用されるセマンティックタイプを追加、削除、または編集することもできます。

  • サーバーブロックには以下が含まれます。

    • MDMサーバー。ここでは、マスターデータとステージングデータの管理と監視が行われます。

    • Talend Webアプリケーション(すなわち、Talend Data Preparation、Talend Data Stewardship、Talend Dictionary Service)によって使用されるサーバー、およびIdentity Access Managementサーバー(これらのアプリケーションの間でシングルサインオンを有効にするために使用されます)。

  • [Databases] (データベース)ブロックにはMDMデータベースが含まれます。そこには、マスターデータとシステムデータが保存されます。